ようこそメキシコ日本商工会議所へ

 18年度メキシコ日本商工会議所会頭を拝命しました梅村と申します。

 当会議所は、1950年に設立された貿易懇談会を前身に、1964年、会員間の親睦、その利益の擁護と増進、日墨経済交流の促進への寄与を目的として創設され、会員数は設立当初の30社から現在では490社を超えました。メキシコに進出する主要な日系企業の多数が会員となっており、日本語での各種情報提供、会員間の親睦のイベント、メキシコ連邦・州政府当局等へのビジネス上の問題点に対する改善提言等様々な活動を行っています。

特に、近年では自動車産業関連企業の進出により首都圏外における会員が増加していることから、首都圏外会員に対する質の高い情報発信、各地域のニーズにあった一層のサービス強化を目指しています。 

また、NAFTA再交渉への会員の関心は高いことから、国際交渉戦略委員会による経済省との定期協議を実施し、会員の皆様へ情報のフィードバック、意見反映を継続実施していきます。

これら活動を通して、本年も会員各社様の利益の擁護と増進に寄与すべく努めて参りますので、何卒ご理解、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

 

2018年2月
  メキシコ日本商工会議所
会頭 梅村 順三


 

トピックス

 

「メキシコ地震被害に対し,義援金の寄付を行いました。」

 

本年9月に起きたメキシコ地震の被害に関し,会員企業から計776万ペソ(約4千6百万円)の義援金をお預かりしました。

11月17日、12月8日の2回に分けその全額をメキシコ赤十字社へ寄付しました。会員皆様のご理解、ご協力に深く御礼申し上げます。

被災地の一日も早い復興をお祈りしています。

 

 メキシコ赤十字社フェルナンド・スイナガ総裁と遠藤事務局長

 

 


お知らせ

● 4月2日 求人情報を更新しました (求職・求人→求人情報)

クリックで拡大

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
28
29
30